視聴者を魅了! ライブ配信にふさわしいおすすめPC

目次

ライブ配信PCの選び方

ライブ配信PCの選び方

性能要件 配信がスムーズになるスペックの理解

ライブ配信PCの心臓部とも言えるのはその性能です。

配信がスムーズになるためには、高い処理能力を持ったCPU、十分なメモリ容量、そして迅速なデータの読み書きが可能なストレージが不可欠となります。

特にCPUは複数のコアを持つハイパフォーマンスモデルを選ぶことで、高画質なビデオをストレスなくエンコードし、多くの視聴者にクリアな映像を届けることができます。

さらに、ライブ配信時には多くのアプリケーションが同時に動作するため、16GB以上のメモリを搭載しておくと安心です。

また、システムと配信データの素早い読み込みにはSSDが適しており、特にNVMe対応SSDならば更に速いデータ転送速度を体感できます。

グラフィックスの処理に関しては、多くの配信ソフトウェアがGPUの力を借りるため、高性能なグラフィックスカードも重要な要素の一つです。

快適な配信体験のためにも、遅延が少なく、高解像度での配信が可能なスペックを持つPCを選ぶことが肝要です。

周辺機器にも注意が必要で、高品質なマイクやカメラを選ぶことで、視聴体験を大きく向上させることができます。

総じて、ライブ配信用のPC選びは単なる性能の数値だけでなく、配信という特性を考慮したバランスの取れた構成を意識することが求められます。

これにより、視聴者にとって忘れがたい配信体験を生み出すことに繋がるのです。

コストパフォーマンス 予算に合ったPCの探し方

ライブ配信向けのPCを選ぶ際、コストパフォーマンスは無視できない要素です。

予算内で最高のパフォーマンスを引き出せるマシンを見つけるためには、まず、配信においてどの部分に重きを置くかを明確にすることが肝心です。

配信の画質を最優先するのか、あるいはマルチタスク能力やエンコーディングの速度が重要か、それにより必要なPCのスペックが変わってくるからです。

高画質の映像を配信するためには、強力なグラフィックスカードが必要になることがあります。

それに対して、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させるには、十分なメモリと高速なプロセッサが欠かせません。

配信ソフトウェアにおいても、使用するソフトによって推奨されるスペックが異なるため、使い慣れたソフトウェアが快適に動作するPCを選ぶことが大切です。

さらに、予算に合わせた最適なPCを選定する際には、将来のアップグレードも視野に入れるべきです。

将来的に配信のクオリティを向上させたい場合、容易にメモリ増設やストレージの交換が可能なPCを選ぶことで、長期的な投資としてもその価値を高めることができます。

結局のところ、予算に合ったPCを探すには、配信内容と目的に合わせた最適なスペックを理解し、将来の拡張性を踏まえた上で、価格と性能がバランスした機種を選ぶことが必要です。

そうすることで、費用を抑えつつも、魅力的なライブ配信をファンに提供し続けることが可能となるでしょう。

拡張性 将来的なアップグレードのためのヒント

ライブ配信に適したパソコンを選ぶ際には、将来のアップグレードを見据えた拡張性を重視することが肝心です。

バージョンアップが続くソフトウェアや、進化するストリーミングのニーズに応えられるような柔軟性が求められます。

主に、CPUやグラフィックスカードなどの核となるパーツが後から簡単に交換できるかどうかがポイントです。

これらのパーツは配信のクオリティに直結するため、将来的にはより強力なものへとステップアップする必要が出てくることでしょう。

また、メモリやストレージの容量も重要です。

最初から多めに搭載しておくか、追加可能なスロットを確保しておくことで、追加のメモリやSSDを容易にインストールでき、ストレスフリーな配信環境を維持することができます。

さらに、拡張カードや外部接続端子の数もチェックが必要です。

多くの入出力ポートがあれば、マイクやカメラといった配信に不可欠な機器を同時に使用することが可能となります。

拡張性豊かなライブ配信用PCを選ぶことは、長期的に見てコスト効率も良く、配信の質を段階的に向上させるうえで効果的です。

このような視点から選定を行うことで、多くの視聴者に愛される配信を実現し、ライブ配信者としての魅力を最大限に引き出すことが可能です。

高品質な配信を実現するPCの要素

高品質な配信を実現するPCの要素

プロセッサー 配信に最適なCPUの選定

ライブ配信時には、画像処理や複数のタスクを同時に処理する能力が求められるため、プロセッサー選びが非常に重要です。

最適なCPUは、マルチコアかつハイスレッドを有するものを選ぶことで、ライブ配信の高品質を実現します。

例えば、インテルのCore i7やi9、AMDのRyzen 7や9といったシリーズが挙げられます。

これらのプロセッサーは、高い処理速度と同時に多くの作業をこなすマルチタスク性能を備えており、エンコーディングなどの重い処理を要する配信でもスムーズに動作します。

重要なのは、単に高性能なCPUを選択するだけではなく、使用する配信ソフトウェアの要件と、配信のスタイルに合ったものを選定することです。

ソフトウェアによってはCPUへの負荷が異なり、例えばゲーム配信ならゲームと配信の両方に高性能が必要になりますが、トーク中心の配信ならばそれほどの性能は不要と言えます。

だからこそ、自分の配信内容に最適化されたCPU選びが、視聴者に快適な視聴体験を提供する上で極めて重要であると言えるのです。

適切なプロセッサーの選定は、ライブ配信のクオリティを左右するカギとなり、配信者の満足度を高めるだけでなく、より多くの視聴者を魅了することに繋がります。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41582 2417 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41530 2358 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41530 2358 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38973 2078 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38897 2049 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35863 2234 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35863 2234 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34097 2208 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34097 2208 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32859 2102 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32859 2102 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29546 2040 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29142 1970 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27306 2045 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24885 2103 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24885 2103 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22296 1950 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20566 2016 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19700 1937 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17907 1816 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16205 1778 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16205 1778 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15440 1982 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9165 1747 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9165 1747 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

メモリ 必要なRAM容量とは

ライブ配信中にPCがスムーズに機能するためには、十分なRAM(ランダムアクセスメモリ)を備えているかが鍵となります。

RAM容量は、多くのタスクを同時に処理する能力に直接関連しており、特に複数のアプリケーションやソースを扱いながらのライブ配信には欠かせない要素です。

一般的なライブ配信では、少なくとも8GBのRAMは必要ですが、高解像度のビデオや高品質なオーディオストリームを扱う配信者の場合、16GB以上を推奨します。

更に、複数カメラの同時使用や、チャットウィンドウ、ゲームアプリケーションなどの追加要素をスムーズに管理するためには、高速なRAMが功を奏します。

さらに詳細なグラフィック作業や、編集作業をライブ配信に含めたい場合は、32GBへとRAM容量をアップグレードすることで、望ましいパフォーマンスを確保できるでしょう。

ただし、RAMの追加はPCの種類によって異なりますので、ご利用のマザーボードが対応している最大RAM容量をご確認いただくことが大切です。

速度面でもDDR4やDDR5といった新世代のRAMにアップグレードすることで、データの読み書き速度を向上させ、配信中の不測のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

このようにRAM容量はライブ配信での多様な操作を快適にこなす上で、非常に重要な要素です。

あなたの配信がより多くの視聴者に愛され、記憶に残る魅力的なものとなるために、適切なRAM容量を備えたPCの選択にはぜひ注目してください。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AF
【ZEFT Z48AF スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster COSMOS C700M
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AA

ゲーミングPC界の新星、アドバンスドセグメントで圧倒的パフォーマンスを享受せよ!
32GBメモリとGen.4 SSDのタッグでスピードと安定性を兼ね備えたスペックの調和
静粛で洗練、Silencio S600ミドルタワー。静寂な戦場を体感
パワーと効率性を優雅に併せ持つCore i5-14400F、現代の戦いに最適

【ZEFT Z48AA スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45X

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45X

速度と性能で未来を切り拓く、ミドルレンジの革新ゲーミングPC!
RTX 4060TiとCore i7が融合、臨場感あふれるプレイ体験をバランス良く提供
シンプルながらも洗練されたキューブケース、空間を選ばないお洒落なマシン
最新i7の力を体感せよ、タスクを難なくこなすパワフルCPU搭載

【ZEFT Z45X スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45X

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKL
【ZEFT Z47AKL スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKL

グラフィックカード 滑らかな映像出力のためのGPU

高品質なライブ配信を実現するには、映像が滑らかであることが不可欠です。

この滑らかさを司るのが、グラフィックカード内に搭載されているGPU、つまりグラフィック処理ユニットです。

ライブ配信では、画面上で繰り広げられる一瞬一瞬を鮮明に、かつ途切れることなく伝える必要があり、GPUの計算能力がクオリティを大きく左右します。

特にゲーム配信など、動きの速い映像を取り扱う場合、高性能なGPUはリアルタイムでの画像処理を迅速に行い、視聴者にストレスを感じさせることなく配信を楽しませることができます。

優れたGPUは3Dレンダリングを始め、ビデオエンコードやストリーミングの負荷も軽減し、配信中のCPUの負担を減らして全体のパフォーマンスを向上させる効果があります。

さらに、画質設定を高めにしても、そのパワーによって快適な配信が可能です。

選ぶべきグラフィックカードは、最新のゲームを快適に動作させられるレベルのものが望ましいでしょう。

配信では、ゲームプレイの映像だけでなく、ウェブカメラからの映像、視聴者とのやり取りといった多岐にわたる要素が同時に処理されるため、ハイエンドなグラフィックカードはその力を発揮してくれます。

ですが、予算や配信の内容によっては、中程度のグラフィックカードでも十分なこともあります。

大切なのは、自身の配信スタイルに合った適切なGPUを選ぶことです。

いうなれば、グラフィックカードはライブ配信PCの虎の巻。

滑らかで美しい映像を視聴者に届けるためには、選択に妥協は許されません。

ぜひとも、快適なライブ配信に不可欠なGPU選びに、細心の注意を払っていただきたいと思います。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36509 74093 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30360 73388 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29399 68302 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26407 67481 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23946 55621 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20108 50457 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19412 51105 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18133 45862 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17145 42429 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13583 34594 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13582 35044 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13465 34412 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12578 30367 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10924 31727 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10752 28571 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10743 27489 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7403 19612 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6329 16035 130W 公式 価格

おすすめのライブ配信PCモデル

おすすめのライブ配信PCモデル

エントリーモデル 初心者に優しい予算重視のPC

ライブ配信においては、エントリーモデルのPCでも鮮明な映像とクリアな音声で配信することが可能です。

予算を最優先に考える初心者の方には、高性能ながらも手の届きやすい価格帯のPCが数多く存在します。

たとえば、多核心のプロセッサを搭載したモデルは、快適な動作で複数のアプリケーションを同時に扱えるため、ライブ配信中に視聴者とのコミュニケーションや次の動画展開を素早く対応できます。

また、適度なグラフィック性能を備えていることも、エントリーモデルの選択基準として大切です。

現在のライブ配信では、基本的なビデオストリーミングから、軽度なゲーム配信まで可能なレベルのグラフィックスが求められています。

このようなモデルはコストパフォーマンスに優れており、将来的に配信内容が拡大してもグラフィックカードのアップグレードによって長く使い続けられる利点があります。

さらに、ライブ配信用のエントリーPCとしては、信頼性の高い冷却システムを持つことも重要です。

長時間のストリーミングはPCにかなりの負荷をかけるため、熱暴走を避けるための十分な冷却性能が確保されているかはチェックポイントです。

リーズナブルながらも優れた冷却システムを持つPCを選ぶことで安心して配信に臨むことができます。

このように、予算重視ながらも配信に必要な機能をきちんと備えたエントリーモデルのPCは初心者の方にとって最適な選択肢となります。

ライブ配信の世界に足を踏み入れたばかりであっても、このようなPCを使いこなすことで、より多くの視聴者を魅了する配信が可能になるでしょう。

中級モデル バランスの取れたスペックで快適配信

ライブ配信において、滑らかな映像とクリアな音声を伝えるためには、パフォーマンスと信頼性を兼ね備えたPCが不可欠です。

中級モデルのPCは、そうした要求を満たしつつも、コストパフォーマンスに優れる点が魅力です。

多数のゲームストリーマーやコンテンツクリエイターにとって、手が届きやすい価格でありながら、多彩な配信シーンに対応可能なスペックを有することが求められます。

とりわけ選択肢としておすすめしたいのは、第10世代またはそれ以上のインテルCore i7プロセッサー、16GBメモリ、そしてNVIDIA GeForce RTX4060以上のグラフィックカードを搭載したモデルです。

これらは、高解像度でのストリーミングや複数のアプリを同時に使用する場の負荷にも耐えうる性能を提供します。

加えて、SSDストレージはOSとアプリケーションの起動速度を格段に高め、待ち時間を削減し、配信中の応答性を確保する助けとなります。

コンテンツの制作には、適切な編集ソフトウェアも必要ですが、これらのスペックを備えたPCであれば、映像や音声の編集作業もスムーズに行うことが出来ます。

また、長時間の使用にも耐えうる堅牢性や冷却システムも重要なポイントです。

ライブ配信を快適に行うためには、ファンの騒音が最小限に抑えられたPC選びも欠かせません。

生放送の世界では、技術の進歩によって日々新たな可能性が開かれています。

中級モデルのPCであっても、最新の配信技術を臨機応変に取り入れ、視聴者に新鮮な体験を届け続けることが可能です。

視聴者を魅了し続けるためには、使いやすさと性能のバランスが取れたPCが、ライブ配信における力強い味方になるでしょう。


ハイエンドモデル 究極のパフォーマンスで差をつけろ

ハイエンドモデルのライブ配信PCは、たとえば最新のCore i9プロセッサーやRyzen Threadripperなど、パワフルなCPUによって高速な複数タスク処理能力を発揮し、複雑なシーンでも滑らかな配信を実現します。

さらに、NVIDIA GeForce RTXシリーズやAMD Radeon RXシリーズなどの高性能グラフィックカードが、驚異的な映像描写力を提供し、視聴者に高画質の配信体験をもたらします。

メモリも重要な役割を果たし、32GB以上の大容量メモリが配信と同時に快適な動画編集、ゲームプレイを可能にし、ひとつの配信でも、細部にわたる内容を最善の状態で提供します。

また、高速SSDの採用で起動時間を削減し、データ読み書きの速度向上によって、編集作業やソフトウェアのロードにおいてタイムロスを極限まで減少させます。

ライブ配信に特化した機能として、低遅延でクリーンな音声を支える高品質なオーディオインターフェースや、ストリームを容易に管理できる専用ソフトウェアの対応も見逃せません。

それらを搭載したPCは、ライブ配信のクオリティを格段に向上させ、配信者がコンテンツに集中できる環境を提供します。

さらに、散熱性を考慮した設計で長時間の利用でも安心なパフォーマンスを保っており、ライブ配信中の不意なトラブルを抑えます。

視聴者には見えない部分かもしれませんが、ハイエンドPCの持つこれらの特長が、配信者にとって重要な差となって現れます。

高品質なストリームを求めるライブ配信クリエイターにこそ、ハイエンドモデルは最適な選択です。

配信PCに求められるパフォーマンス評価基準

配信PCに求められるパフォーマンス評価基準

マルチタスク処理能力の重要性

ライブ配信を行う際には、PCのマルチタスク処理能力が非常に重要です。

この能力が高いほど、複数のソフトウェアを同時にスムーズに動作させることができ、快適な配信環境を確保することができます。

たとえば、配信ソフトウェア、チャット対応、ソーシャルメディアの更新などを同時にこなしていくことは、視聴者に多角的なコンテンツを提供する上で欠かせません。

さらに、画像や動画の編集作業を行う際も高い処理能力が必要です。

編集中にプレビューをリアルタイムで見ながらの作業は、ストレスなくアイディアを形にするためには必須の条件と言えます。

これにより、魅力的な視覚効果を織り交ぜつつ、視聴者を引きつける配信を実現することができるのです。

また、ゲーム配信の場合には、ゲーム自体のプレイと配信の両方を平行して行うため、高い処理能力が要求されます。

特に、リソースを多く消費する最新ゲームの場合は、ゲームがスムーズに動作することと、視聴者に快適なストリーミングを届けることのバランスが取れるPCが不可欠です。

そのため、ライブ配信を行うPCは、高性能なCPU、十分なメモリ容量、そして迅速なデータ処理が可能なストレージを備えていることが求められます。

これらの要素が適切に組み合わされていることで、複雑なタスクをこなしつつも、視聴者が求める高いレベルの配信を提供することができるのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

マルチタスクもゲーミングもスムーズにこなす、ファンクショナルパフォーマンスのゲーミングPC
32GBメモリと1TB NVMe SSDで、高速データ処理と大容量ストレージを兼ね備えたバランスマシン
落ち着いたデザインのSilencio S600、どんな空間にもなじむエレガントなPCモデル
最新世代Core i5で快速チャージ、無駄のないパワーを体感するCPU搭載PC

【ZEFT Z45GA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BG

次世代ハイパフォーマンス、ここに極まるゲーミングPC
高速メモリ32GB搭載、快速SSDでスムーズな動作を実現するバランスの良いスペック
落ち着きあるスチールパネルが印象的、洗練されたデザインのミドルタワーモデル
最新のi9が描く、ハイエンドな演算力で未来のPC体験をマシン

【ZEFT Z45BG スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AM
【ZEFT Z52AM スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AM

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52U
【ZEFT Z52U スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

クオリティスタンダードでゲーマーを魅了するパワフルゲーミングPC、満足度も高性能も保証済み!
64GBの大メモリとRTX 4060搭載、バランスよく高スペックなモデルで快適プレイ!
コンパクトなマイクロタワーケースに、サイドクリアパネルで内部が輝くスタイリッシュデザイン!
Core i5 14400Fで最新ゲームもサクサク動く、プレイが加速するCPU搭載!

【ZEFT Z47J スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47J

配信ソフトウェアとの互換性

ライブ配信においてPCの選択は極めて重要となりますが、特に注目すべきポイントのひとつが配信ソフトウェアとの互換性です。

流麗な映像と途切れることのない音声を提供するためには、配信に使用するソフトウェアがPCのスペックを最大限に活かせるかが鍵を握るからです。

たとえば、OBS StudioやXSplitといった有名ソフトだと、複数の映像ソースや豊富なエフェクト、高度なシーン遷移等をスムーズに扱えるかどうかがPCに求められます。

これらのソフトウェアは、多くのCPUリソースや、時には映像処理能力を要求することがあります。

ですから、配信専用PCを選ぶ際には、強力なマルチコアCPUや、十分なVRAMを搭載したグラフィックカードなどが搭載されているモデルを選定しましょう。

また、快適なライブ配信を行うためには、高速なメモリやSSDも必要になってきます。

互換性というのは単に動作するという意味だけではなく、より高品質なストリーミング配信を長時間安定して行うことができるかどうか、つまりソフトウェアをフルに活用するための総合的なパフォーマンスが問われるのです。

そのためにも、ライブ配信を快適に実施するための最適なPC選びには、配信ソフトウェアの推奨するスペックをよく研究し、その要求を満たすか、あるいはそれを上回るパフォーマンスを持つPCはどれなのかを把握することがカギとなります。

ソフトウェアのアップデートや機能拡張にも対応できる余裕を持ったスペックの選定が、配信の質を長期にわたり保つことにつながるので、投資する価値は高いと言えるでしょう。

リアルタイムエンコーディングの影響

ライブ配信においては、視聴者にスムーズな視聴体験を提供するため、パソコンのリアルタイムエンコーディング能力が極めて重要になります。

リアルタイムエンコーディングとは、カメラで撮影した映像や音声信号を、インターネットを通じて配信可能な形式に変換するプロセスのことを指します。

この変換過程では、パソコンのCPUやGPUが大きな役割を果たし、それらの処理能力不足は配信の質に直結するため、高性能なプロセッサを搭載したPCの選択が求められます。

また、エンコーディングの過程は多大な計算資源を消費するため、高速なメモリや十分な冷却能力も不可欠です。

特に、高解像度のビデオや高品質のオーディオ配信を行う場合、そのデータ量は膨大となり、PCのエンコーディング能力が不足していると、配信中に映像や音声が途切れる、画質が落ちるといった問題が生じる可能性があります。

視聴者は高品質なライブ配信に魅力を感じるため、PCの選定は配信者にとって成功を左右する重要な判断点と言えます。

要するに、ライブ配信用PCに必要なのは強力なエンコーディング性能であり、これらを総合的に評価し選ぶことが、魅力的な配信を実現するための大切なステップです。

PC以外でライブ配信の質を高めるアイテム

PC以外でライブ配信の質を高めるアイテム

高解像度ウェブカメラの選び方

高解像度ウェブカメラは、ライブ配信でクリアで鮮明な映像を提供し、視聴者が最高の体験を得られるようにするために欠かせません。

選び方において最も重要なのは、解像度とフレームレートです。

1080p以上の解像度があれば、ハイデフィニションの映像を生み出すことができ、視聴者への視覚的な魅力を高めることができます。

さらに、フレームレートは最低でも30fpsが望ましいですが、60fpsに対応していればより滑らかな動画を実現できます。

加えて、レンズの質も大きな違いを生み出します。

ガラス製レンズを搭載したウェブカメラはプラスチック製よりも優れた映像を提供する傾向にあります。

明るさの調整がデリケートなライブ配信では、低照度性能が良いカメラを選ぶことも忘れてはなりません。

また、オートフォーカス機能を備えたカメラは、動きや手振りに応じて素早くピントを合わせることができ、活動的な配信でも視聴者を引き付けることができます。

さらに、配信中に美しい映像を維持するためには、ウェブカメラの設置角度や位置も考慮する必要があります。

角度調節が自在で、好みの位置に固定できるスタンドが付属しているウェブカメラを選び、視聴者にとって最も魅力的な視点を提供してください。

その上で、統合されたマイクを備えたウェブカメラを選べば、オーディオもクリアに捉え、全体的な配信品質を向上させることができます。

要するに、高解像度で滑らかな映像、クリアなオーディオ、そして使いやすさを備えたウェブカメラの選択が、ライブ配信の質を高めるためには不可欠です。

これらの要素を念頭に置いて選び抜かれたウェブカメラは、配信者としての専門性を示し、より多くの視聴者を引きつけることに寄与します。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

プロのアリーナを征服する、ソリッドミドルクラスゲーミングPC
スムーズなパフォーマンスと応答速度!バランスが命のスペック構成
エレガントな白、NZXT H6 Flowで鮮烈なデザインアピール
最新の戦術を駆使するCore i5 14400F、スピードと力を合わせ持つ

【ZEFT Z48AB スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

勝利へ導くパワフルさ、遅滞なきフレームレート、私たちのゲーミングPC
プレミアムな体験をバランスよく提供、ゲームも作業もこのスペックで快適に
クリアケースから覗く煌びやかな光、スタイリッシュなデザインのマシン
多忍なタスクもスムーズにこなす、Core i7の力強いパフォーマンスを体感せよ

【ZEFT Z45ABA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ABA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

エキスパート級の性能を持ち、ゲーミングに最適な、真のプレイヤーを満足させる出来栄え
高速なDDR4-3200メモリと1TB SSDによる均整の取れた性能が、スムーズなコンピューティングをコミット
ミニマルながら存在感大のマイクロタワーケース、クリアなサイドパネルで内部までスタイリッシュ
Core i7 14700F搭載、パワフルさと効率性を兼ね備えたCPUが、厳しいタスクも難なくこなす

【ZEFT Z47AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKF
【ZEFT Z47AKF スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKF

クリアな音声を実現するマイク選び

クリアな音声はライブ配信において視聴者の満足度を大きく左右します。

視聴体験を豊かにするためにも、マイク選びは慎重に行うべきです。

最適なマイクを選ぶ際には、配信する環境の騒音レベルや声の特性、そして配信のスタイルに合わせて選択することが重要です。

例えば、静かな部屋で個人的な配信を行う場合は、カーディオイド特性を持つコンデンサーマイクが最適で、敏感なピックアップで微細な音まで拾い上げることができます。

また、音楽ライブ配信やよりダイナミックな用途には、頑強で扱いやすいダイナミックマイクが適しています。

これらは周囲の雑音を拾いにくく、力強い声や楽器の音をしっかりとキャッチします。

さらに、複数人が会話する配信の場合は、各話者にラベリアマイクを用いることで、個々の声を均一に拾うことができ、視聴者に快適な聞き取り体験を提供します。

ルームアコースティックにも目配りが必須で、適切なマイクを使用していても部屋が反響しやすい構造の場合、予想しないエコーや歪みが発生する可能性があります。

そのため、配信スペースの改善と併せて、対策にも留意しましょう。

例えば、吸音材を配したり、布製のカーテンを設置したりすることで、クリアでプロフェッショナルなオーディオ品質を実現できます。

ライブ配信では、映像だけでなく音声も視聴者に与える印象を形成する大切な要素です。

そのため、マイク選びはただ機材を揃える以上の意味を持ち、配信者のこだわりや配信の質を高めるための重要なプロセスであると言えるでしょう。

安定したインターネット環境の構築

安定したインターネット環境はライブ配信の質を大きく左右する要素です。

高い解像度での映像やクリアな音声、そして快適な視聴体験を実現するには、連続したデータの流れを確保する必要があります。

ここで重要なのが、信頼性の高いインターネットサービスプロバイダー(ISP)を選択することに加えて、有線LAN接続を選ぶことです。

無線よりも高速で安定した接続が可能な有線LANは、配信中の突然の接続断や遅延を防ぎます。

続いて、ルーターやモデムの質にも注目が集まります。

技術が進歩し高品質なモデルが登場している現在、ギガビット対応の最新機器を導入することで、より速いデータ転送速度を実現し、ビデオ配信の劣化を回避できます。

さらに、中継器やWi-Fiメッシュシステムの活用が有効です。

これにより、もし無線接続を利用する場面があれば、広範囲で安定した無線環境を提供することが可能になります。

ライブ配信におけるもう一つの要点は、QoS(Quality of Service)機能を利用することでしょう。

これを設定することにより、インターネットの帯域を動画配信に優先的に割り当てることができ、ほかのオンライン活動が配信の質に影響を与えるのを防ぐことに寄与します。

最適なライブ配信体験を提供するためには、これらの要素を総合的に見極め、適切な設定を施すことが重要です。

環境を整えることで、配信者も視聴者も最高の満足感を得られることでしょう。


配信PCのセットアップと最適化

配信PCのセットアップと最適化

重要な初期設定チェックリスト

ライブ配信の魅力は、そのリアルタイム性とインタラクティブな体験です。

何よりも、配信者の情熱とコンテンツの質が視聴者を虜にします。

しかし、その背後には配信PCの細やかな初期設定が重要な役割を担っています。

配信をスムーズに行い、視聴者に快適な視聴環境を提供するためには、最初に行うべきチェックポイントがあります。

まず、ストリーミングソフトウェアの選定とセットアップは、配信の心臓部となるため、のぞましい品質と機能を備えたものを選ぶ必要があります。

適切なビットレートで安定した画質と音質を維持しながら、視聴者とのコミュニケーションも円滑に行えるように、細かな調整を施すことが肝要です。

PCのスペックはライブ配信の品質に直結します故、十分なメモリ、高速なプロセッサ、そして強力なグラフィックカードを確保することが大切です。

これらは映像やオーディオのエンコード処理に影響を及ぼし、つまりは配信のクオリティを左右します。

更に、オペレーティングシステムの更新を忘れてはなりません。

セキュリティの強化と共に、最新の機能にアクセスできることで、配信体験はさらに向上します。

定期的にシステムの更新を行い、常にパフォーマンスを最適な状態に保ちましょう。

インターネット接続も重要なファクターです。

有線接続を使用することで、安定した通信環境を確保し、配信中の不測のトラブルを避けることができます。

また、帯域幅が十分であることを確認することで、高解像度の映像を途切れずに配信することが可能になります。

これらの設定は、視聴者にとって楽しませるストリーミング体験を提供するために欠かせない要素です。

細部に渡る注意と配慮によって、配信者は確実に視聴者の心を掴み、印象に残るライブ配信を実現できるのです。

ライブ配信のためのPC最適化テクニック

ライブ配信のためのPCを最適化するには、ハードウェアとソフトウェアの両方に注意を払う必要があります。

まず、CPUは高速な処理能力を持つものを選択し、配信ソフトウェアをスムーズに動かす余裕を持たせましょう。

特に、多くの視聴者に向けて高画質でストリーミングする際は、強力なマルチコアプロセッサが重要です。

次に、メモリはライブ配信中の様々なタスクを同時にこなすのに必須で、最低でも8GB、できれば16GB以上を確保するのが望ましいです。

グラフィックカードも忘れてはなりません。

現代の配信では、画質の良さが視聴者を引き付ける要因になるため、ゲーム配信や動画編集を行う場合には特に、強力なグラフィックカードが求められます。

ソフトウェア面では、配信ソフトウェアの設定が鍵となります。

ビットレートの設定は、インターネットのアップロード速度を考慮して調整することが必要です。

高すぎると視聴者の再生が不安定になり、低すぎると画質が損なわれます。

また、適切なエンコード設定を施すことで、CPUとグラフィックカードの負担を分散し、効率よく配信をこなすことができます。

さらに、配信中にはバックグラウンドで動作している不要なプログラムを終了させ、全てのリソースをライブ配信に集中させるのが良いでしょう。

このように、ハードウェアの選択とソフトウェアの調整により、視聴者に快適な視聴体験を提供できる配信PCをセットアップすることが可能となります。

最適化されたPC環境は、配信の品質を向上させ、視聴者の満足度を高めるために、非常に重要です。

トラブルシューティング よくある問題と解決策

ライブ配信で用いるPCのセットアップにおいては、さまざまなトラブルが発生することがありますが、ここでは最適化された配信体験のためのトラブルシューティングとしてよくある問題とその解決策をご紹介します。

初めに挙げられるのは、映像や音声の遅延です。

これは配信ソフトウェアの設定を見直すことで解決可能です。

たとえば、ビットレートの調整やレンダラーの選択を変更することで、リアルタイムでスムーズな配信を実現できます。

別の問題としては、予期せぬシステムクラッシュがあります。

これに対しては、PCの安定性を重視したハードウェアの選択や、最新のドライバとソフトウェアのアップデートが有効です。

また、配信中にPCが過熱することもありますが、適切な冷却システムの導入と、通気性を考慮したケースの配置により、問題は軽減されるでしょう。

加えて、ネットワークの不安定さが原因で品質の低下が見られるケースでは、有線LAN接続の利用や高品質なルーターへの投資が望まれます。

これら一連のトラブルシューティングを通して、ライブ配信はより安定し、高品質なものになります。

問題が発生した際には、落ち着いて一つ一つの原因を確認し、総合的な解決へと導いてください。

さらには、配信前の事前チェックリストを作成し、定期的にシステムをメンテナンスすることが、長期的に見て最も重要なステップです。

このようにして、配信者は視聴者に忘れられない配信体験を提供することができるのです。

ゲーム配信向けPCの特徴と選び方

ゲーム配信向けPCの特徴と選び方

ゲーミングPCとの違いとは

ライブ配信専用のPCとゲーミングPCは、その使用目的に応じた細かな特徴において違いが見られます。

ライブ配信を行う際には、高品質な映像や音声をリアルタイムで配信することが求められます。

この点で重要になるのが、強力なCPUと十分なメモリ、それに迅速なデータ転送を支える高速なインターネット接続です。

ライブ配信時には、ゲームプレイはもちろんのこと、配信ソフトの動作や複数のプログラムの同時実行が求められるため、マルチタスク処理能力が高いPCが欠かせません。

一方、ゲーミングPCは主に高度なグラフィック処理を求めるゲームを快適にプレイするために特化しています。

そのため、高性能なグラフィックカードが中心となり、ゲームに最適化された解像度とフレームレートを達成することが主眼とされます。

また、ゲーミングPCはしばしばカスタマイズされ、冷却機能や見た目にもこだわるユーザーが多い傾向にあります。

ライブ配信向けのPCを選ぶ際は、ゲームのプレイも行うことを踏まえつつ、エンコードやストリーミングに必要なプロセッサーのパワーを重視する必要があります。

そして、配信者がしばしば忘れがちなのは、安定したインターネット接続やアップロード速度です。

この速度がストリーミングの質を大きく左右し、視聴体験に直結します。

ですから、ライブ配信に適したPCを選ぶ上で、ゲーミングPCとの設計思想の違いを理解し、充分な検討と選択が求められるのです。

それぞれのPCが持つポテンシャルを完全に引き出すことが、視聴者を魅了するライブ配信を実現する鍵と言えるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

遅延なく配信するための重要スペック

遅延なく配信するためには、ライブ配信PCに求められるスペックがいくつかあります。

まずは強力なプロセッサが必要不可欠です。

例えば、ゲームを滑らかに実行しながら視聴者にリアルタイムでストリーミングするためには、高性能なCPUが重要となります。

インテルのCore i7以上、あるいはAMDのRyzen 7以上のプロセッサがおすすめの基準でしょう。

さらに、グラフィックカードにも注目が必要です。

高解像度での配信や3Dゲームのプレイ時には、NVIDIAのGeForce RTX シリーズやAMDのRadeon RX シリーズなど、高性能なグラフィックカードが求められるケースが多いです。

これにより、ゲームの映像を美しく、かつスムーズに視聴者に届けられます。

メモリも重要な要素です。

少なくとも16GBのRAMを搭載しており、できれば32GBを目安にするとより安定した配信が可能です。

高速なストレージも配信の品質を左右します。

SSDを利用することでゲームのロード時間短縮と、配信データの高速処理が実現し、結果として遅延を最小限に抑えることができます。

また、常に安定したインターネット環境を維持することが極めて重要です。

有線のイーサネット接続はWi-Fiに比べて信頼性が高く、配信中の不意な接続断や遅延のリスクを避けることができます。

これらのスペックを十分に抑えつつ、自分の配信したいコンテンツに合わせたPC選びを行うことが、遅延なく配信を行う上での鍵です。

人気ゲームタイトルのための推奨スペック

ゲーム配信向けのPCを選ぶ際、人気ゲームタイトルが快適にプレイできるかどうかが重要です。

推奨スペックはゲームごとに異なりますが、高解像度での滑らかな映像を実現するためには、グラフィックカードがキーとなる部品です。

例えば、グラフィックスの美しさで高く評価されるファイナルファンタジーXIVでは、4K解像度での配信を考えると、中級以上のグラフィックカードが求められます。

また、マルチタスク処理能力も配信PCには必要です。

ゲームをプレイするだけでなく、ストリーミングソフトウェアの動作、チャットの監視、オーバーレイのカスタマイズなど、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすには、多コアかつ高周波数のCPUが推奨されます。

例えば、同時に多くのプレイヤーが接続するフォートナイトの配信では、i7以上のプロセッサを持つPCが適しています。

メモリに関しても、ゲームのみならず配信ソフトの要求も考慮し、16GB以上を目安にすると安心です。

特に、オープンワールド型のゲームやプレイヤー数が多いオンラインゲームを配信する場合は、これ以上のメモリが必要となることがあります。

また、配信中のPCの負担軽減のためにも、高速のSSDは起動時間の短縮やゲームのロード時間減少に直結します。

こうしたハードウェアの組み合わせは、ストリーマーにとって生放送の品質を高め、視聴体験を向上させるために不可欠です。

なお、これらのスペックを満たしたPCを選択すると共に、将来的なアップグレードの余地も確保しておくことが、長期的な視点で賢明な選択と言えるでしょう。

クリエイター向けライブ配信PCガイド

クリエイター向けライブ配信PCガイド

動画編集と配信を行うためのマシン構成

ライブ配信においてクリエイターが重視すべきは、なめらかな動画編集と安定した配信性能を実現するPCのマシン構成です。

まず心掛けたいのが、高速なプロセッサーを搭載することで、HDや4Kといった高解像度の動画をスムーズに扱う土台を整えることが重要です。

Intel Core i7以上もしくはAMD Ryzen 7以上のCPUは、これらの要求を満たす優れた選択肢と言えます。

次に、ライブ配信ではグラフィックスの処理能力も不可欠です。

NVIDIA GeForce RTX シリーズやAMD Radeon RX シリーズのようなハイエンドのグラフィックカードを選ぶことで、リアルタイムエンコーディングや3Dエフェクトの追加も難なくこなせます。

快適な配信のためには、これらのグラフィックカードを支える十分なメモリー、具体的には16GB以上のRAMが望ましいです。

また、動画データは非常に容量が大きいため、広大なストレージスペースも必須条件となります。

特に、読み書き速度に優れたSSDをメインストレージとし、大量のデータを格納するために追加のHDDも併用する構成が推奨されます。

これにより、編集作業の効率化とデータの安全性が同時に高められるでしょう。

最後に、故障やトラブルが発生した際のリスクを避けるため、信頼性の高い電源ユニットと冷却システムの選定も見逃せません。

長時間の使用に耐えられる堅牢な構造と冷却能力を持つPCケースも忘れてはなりません。

上記した要素を組み合わせれば、動画編集からライブ配信に至るまで、ストレスなくクリエイティブな作業が行えるPC環境を整えることが可能です。

配信の品質は視聴者に直結するため、これらの点に注意して最適なマシンを構成することで、視聴者を魅了し続けることができるでしょう。


画像処理に強いPC選びのポイント

ライブ配信において、圧倒的な視聴者の注目を集めるためには、画像処理能力に優れたPCの選択が欠かせません。

動画のクオリティを左右するため、グラフィックスに強いPCを選ぶことがクリエイターにとっての重要なポイントになります。

高解像度の映像を滑らかに処理するには、強力なグラフィックスカードが必須です。

NVIDIAやAMDの最新のグラフィックスカードを搭載したPCを選びましょう。

これによって、複雑なエフェクトや高度なビデオエンコードが要求される場面でも、途切れることなくスムーズな配信が実現します。

また、複数のカメラを同時に使用するマルチカメラ配信や、高負荷のグラフィックを使用するゲーム配信などではCPUの性能も同様に重要です。

高性能なマルチコアプロセッサを搭載したPCは、同時に行われる複数の処理を効率よくこなし、配信中の負担を軽減してくれます。

特にインテルのi7やi9、AMDのRyzenシリーズなどは多くのプロストリーマーに推奨されています。

さらに、高速なSSDの採用も配信のクオリティ向上に寄与します。

アプリケーションの起動速度やデータの読み書き速度が向上し、配信の待機時間を短縮し、より快適な配信環境を整えられます。

メモリも重要な要素であり、16GB以上のRAMが望ましいとされ、これにより複数のアプリケーションを同時にスムーズに運用することができます。

高いパフォーマンスを維持しつつ、無駄なことなく長時間の配信に耐えられるよう、充分な冷却システムを備えたPCを選ぶことも必須です。

これらの要素をしっかりと押さえ、最適な構成を選ぶことで、あらゆるクリエイターが高品質なライブ配信をリスナーに届けることができるのです。

ストリーミング中の効率的なワークフロー

ライブ配信においては、スムーズなワークフローがクリエイターのパフォーマンスを大幅に向上させます。

効率的なストリーミングを実現するためには、高性能なPCが必須条件となります。

まず、配信のクオリティを確保するためには、強力なCPUと高速なグラフィックカードが求められます。

それにより、高解像度の映像をリアルタイムでエンコードし、視聴者に遅延なく届けることができるのです。

さらに、大容量のメモリも重要な役割を担います。

これは特に、複数のアプリケーションを同時に使用するなど、マルチタスクが必要とされる状況でその価値を発揮します。

ストリーミングソフトウェア、チャットインターフェース、ブラウザなどを滞りなく操作し、配信中も快適にクリエイターの意図を実現するためには、十分なメモリが欠かせません。

また、高速なインターネット接続と併せて、信頼性の高いストレージソリューションを検討することも重要です。

配信データの一時保存やアーカイブ用には、速度と耐久性に優れたSSDが適しており、動画編集時のスピードアップに寄与します。

複数のストレージを利用することにより、録画済みのコンテンツの保存とストリーミング中のデータ管理を同時に効率よく行うことが可能になります。

これらの要素を兼ね備えたPCを選ぶことで、クリエイターはストリーミング中のストレスを最小限に抑え、クリエイティブなそれぞれのアイデアに集中することができます。

結果として、視聴者に対してもより高品質で魅力的なライブ配信を提供することが可能となり、クリエイターとしての価値を高めることに繋がるのです。

ライブ配信を支える周辺機器とアクセサリー

ライブ配信を支える周辺機器とアクセサリー

配信画質を支えるモニター選び

ライブ配信のクオリティーを左右する重要な要素として、モニター選びは決して軽視できません。

特に、配信中の動画やゲームのディテールを細かくキャッチし、リスナーに高解像度の映像体験を提供するためには、選定に注意を払う必要があります。

理想的なモニターは、忠実なカラーレプリケーションと広範なビューイングアングルを提供するIPSパネルを搭載したものが望ましいです。

さらに、遅延の少ないリフレッシュレート、特にゲーミングに適したモニターなら60Hz以上が推奨されます。

また、解像度に関しては、少なくともフルHD(1920×1080)が基本ですが、より鮮明な映像を求めるなら4K(3840×2160)の採用を考えてみてはいかがでしょうか。

加えて、配信環境の明るさや部屋の照明条件に適応した明るさ調整機能やブルーライトカット機能がついたモニターを選択することも重要です。

これにより、長時間の配信作業でも目の疲れを軽減し、配信パフォーマンスの持続が期待できます。

さらに、マルチタスク処理もライブ配信には欠かせないため、複数の入出力ポートを備えたモニターを選び、簡単に他のデバイスと接続できるようにすることで、スムーズな配信運営が可能となります。

選び抜かれたモニターによっては、ビジュアルに富み、没入感の高いライブ配信が実現し、視聴者の心を捉えることでしょう。

快適な配信環境のためのデスクアクセサリー

ライブ配信を行う際、ストリーマーと視聴者を繋ぐのはパソコンだけではありません。

環境を整えるためのデスクアクセサリーが、配信の質を高め、ストレスなく快適な操作を可能にします。

例えば、耐久性に優れたマウスパッドは、マウスの正確な操作を助け、緊急時の反応速度を上げることができます。

さらに、ケーブルマネジメントツールを使用してデスク上を整理すれば、機器の接続や切り替えもスムーズに行えるようになります。

また、長時間の配信においては、体の負担を減らすことが重要です。

エルゴノミクスに基づいたキーボードやマウスは手首や腕の疲れを軽減し、集中力を保つ助けになります。

デスクの高さを調節できるスタンディングデスクを導入することも、長時間同じ姿勢でいることによる体の痛みを軽減し、健康を守る工夫のひとつです。

照明は視覚的な印象を大きく左右し、演出の幅を広げるためのキーアイテムです。

LEDデスクライトを配信スペースに設置すれば、顔の表情や配信画面が明るくクリアになり、視聴者に良い印象を与えることができます。

このように、配信用のPCを取り巻くデスクアクセサリーは、配信者と視聴者双方にとって充実した配信体験を提供するため不可欠な存在です。

専門性の高い道具を選ぶことは、職人が自らの技に合致した工具を選ぶのと同じく、ストリーミングを一層上のレベルに引き上げるための重要なステップと言えるでしょう。

ポータブルデバイス モバイル配信の選択肢

ライブ配信に最適なポータブルデバイスを選ぶ際には、複数の重要な要素を考慮する必要があります。

まず、高品質なビデオとオーディオを流暢に配信できる処理能力が求められます。

そのため、強力なプロセッサと十分なRAMを搭載していることを確認することが欠かせません。

さらに、長時間の配信に対応するためにバッテリー寿命も見逃せないポイントとなります。

加えて、鮮明な映像を提供するための高解像度のカメラや、明瞭な音声を実現するための優れたマイクも必要です。

モバイル配信では、瞬時に接続するための信頼性の高いインターネット接続が重要となり、Wi-Fiはもちろん、外出先での使用を考慮して4Gまたは5Gネットワークに対応しているかもチェックしなければなりません。

さらに、配信ソフトウェアの互換性も確認が必要で、幅広い配信プラットフォームと簡単に連携できるデバイスが理想的です。

外部ストレージへの容易なアクセスも重要であり、USBポートやSDカードスロットが装備されていることで、録画したコンテンツの保存や移動が手軽になります。

軽量でコンパクトな設計は、移動時の携帯性を向上させるためにも望ましい特徴です。

極めて重要なのは、これら全ての機能を搭載しつつも、ライブ配信の品質に妥協がないことを保証するデバイスを選ぶことです。

結論として、ライブ配信において魅力的なコンテンツを提供するためには、ポータブルデバイスの選定においてこれらの要素を慎重に検討し、視聴者に最高の体験を提供できるような機器を選ぶことが不可欠です。

配信PCを選ぶ際のよくある質問と回答

配信PCを選ぶ際のよくある質問と回答

配信PC購入時のFAQ

ライブ配信PC選びで心が揺れる疑問に、しっかりと答えを出すことが重要です。

高画質な配信を実現するためには、グラフィックスカードの力が不可欠です。

NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeonカードがお勧めで、これらは動きの速いゲームや高解像度の映像もサクサクと処理できます。

また、CPUは配信ソフトウェアの事故動作において中心となりますので、Intel Core i5以上か、AMD Ryzen 5以上を目安にすると良いでしょう。

ストリーミングでは、データのやり取りが頻繁に行われるため、十分なメモリも必要です。

状況によりますが、最低でも16GBを用意すると安心です。

さらに、長時間の使用を想定すると冷却システムも重要であり、オーバーヒートを避けるための優れた冷却機構を持つPCを選ぶという観点も忘れてはなりません。

ストレージに関しては、高速アクセス可能なSSDを用いることで、アプリケーションの起動やデータの読み書きを速め、快適な配信環境を作り出せます。

加えて、ライブ配信においては、安定したインターネット接続が不可欠であるため、有線接続が可能なイーサネットポートを確認するか、高品質のWi-Fiを利用できる環境を整えることが望ましいです。

これらのポイントをクリアしたPCを選ぶことで、視聴者に高品質なコンテンツを届けることができるでしょう。

配信者としての魅力を最大限に引き出し、ライブ配信の世界で輝くための秘訣は、疑問を解決し、自らのニーズに合ったPC選びに他なりません。

パフォーマンス面での疑問解消

ライブ配信では、パフォーマンスは視聴体験を左右する重要な要素です。

多くの配信者が気になることの一つに、PCのスペックが十分かどうかという疑問があります。

高品質なビデオストリームを配信するためには、強力なプロセッサと十分なメモリが必要不可欠です。

具体的には、マルチタスク処理に優れた多核CPUを搭載し、ストリーミングソフトウェアとゲーム、その他のアプリケーションをスムーズに同時に動かすことができる高速なメモリを備えたPCがおすすめです。

グラフィック面でも、配信のクオリティを保持するためには高性能なグラフィックカードが必要です。

これにより、配信中のゲームやビデオがクリアで滑らかな画面で視聴者に提供されます。

また、ハードウェアエンコードをサポートするグラフィックカードを選ぶことでCPUの負荷を軽減し、より安定した配信が実現します。

さらにストリーマーにとっては、配信中の不測のトラブルを避けるためにも、信頼性の高い冷却システムを持つPCを選ぶことが大切です。

長時間の使用にも耐えられる効果的な冷却機能は、PCのパフォーマンスを最適化し、長寿命を保証します。

これらの点を総合的に考えたとき、ライブ配信用のPC選びでは、コストパフォーマンスだけでなく、将来的なアップグレードの可能性や予算に応じた最適なスペックの選定が重要です。

より良いライブ配信体験のためには、これらの疑問を解消した上での機材選びが、視聴者を魅了する配信を実現する鍵となるでしょう。


保証とサポートについてのアドバイス

ライブ配信で心地よい体験を提供するPCを選ぶにあたり、保証とサポートは重要な検討材料となります。

配信中に技術的トラブルに見舞われた場合、迅速なサポートがあれば安心して配信を続けることができます。

製品の保証期間はそれぞれ異なりますが、長期保証を提供しているものは、将来的なトラブルへの備えとして評価を高める要素です。

また、サポートデスクの対応時間や修理サービスの質もチェックポイントです。

質問に対するレスポンスが早く、修理や部品交換がスムーズに行える体制が整っているメーカーを選ぶことは、配信活動を長期にわたり安定させるために不可欠です。

さらに、ライブ配信用PCを選ぶ際には、動作の安定性やアップグレードの拡張性を考慮すると共に、サポート体制で提供されるソフトウェアアップデートやセキュリティパッチの適時適切な提供も大切です。

これにより、OSや配信ソフトウェアが最新の状態を保たれ、セキュリティリスクからプロテクトされます。

信頼性とサポート品質を重視してPCを選べば、視聴者を魅了するライブ配信を円滑に行うための強固な基盤が築かれるでしょう。

あわせて読みたい

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーム実況完全攻略! 性能別おすすめPCベストセレクション

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信初心者向け! おすすめエントリーレベルPC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

映像クリエイター冥利に尽きるパソコンの選び方とは?

おすすめのPCありますか?

おすすめのCore i7PCで実現する究極のゲーム体験

デスクトップPCガイド

エスポーツ勝者の選択! トップおすすめBTOゲーミングPC

BTOパソコンX

プログラミング用パソコン革命 プログラマーに贈るおすすめガジェット

BTOパソコンをおすすめする理由

おすすめPCが支えるプロダクションレベルのライブ配信

パソコンのTierを知ろう

プロストリーマーの選び方! ゲーミングPC配信のおすすめ

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次